【1】
そういえば、昨日、先日の健康診断の結果が来ていた。
案の定、尿潜血が引っかかっていた。
数値の横に、『要精密検査』という文字が書いてあったのだ。
しかし、同じ数値の出た5年前には、再検査なんかしなかった。
何で今回は再検査をしなければならないのだろう。
再検査となると、また健康センターに出向かなくてはならない。
これが面倒である。
休みがこれで潰れてしまうのだ。

実は、寝不足を解消したり、暴飲暴食を慎んだおかげで、オシッコの時の違和感はほとんどなくなり、もう少しで完治するところまできている。
それなのに、何が要精密検査だ。
自分の体は自分が一番よく知っている。
自分でいいというのだから、もういいだろう。
そんなに再検査がしたければ、そちらから検査をしに来い。
小便なんかいくらでもくれてやるわい!

【2】
最大130mmHg、最小83mmHg
この数値は何なのかというと、今夕6時に測った、ぼくの血圧である。
朝からずっと測っているのだが、だいたい同じ数値だ。
昨日もそうだった。

ところが、10月5日の健康診断の時の数値は、
最大146mmHg、最小96mmHgになっていた。
そのせいで、昨日、要精密検査の通知が来た。
その通知の医師の所見を見ると、
『血圧が高いようです。速めに内科を受診して下さい』と書いてあった。

冗談じゃない。
あの時、たまたま血圧が高かっただけじゃないか。
しかも、血圧を測る前に「こういうところで測ると、いつも血圧が高くなるんです。今階段を上って来たばかりで動悸もしていますから、落ち着くまで何回か測ってもらえませんか?」と言っていたのに、係員は二度しか測ってくれなかった。
仕方がないので、「後でもう一回測り直してくれ」と頼んだのだが、それは却下された。

その結果が、要精密検査だ。
汚いぞ、健康センター。
もしかして、そんないい加減な測り方で人を病院送りにして、リベートでももらおうとでも思ってるんじゃないのか?